In Partnership with AOL Search

DMOZ: Open Directory Project

サブカテゴリ

以下に示すのは、Kids and Teensにおけるサブカテゴリの作成に直接関連するガイドラインです。 これらのガイドラインの目的は、ディレクトリにODPの目標に沿った情報が追加されるようにすることです。

ODPのような階層的カテゴリ・システムは、従来、分類体系( classification systems )と呼ばれてきました。このようにカテゴリを整理する作業を指す他の言葉には、タクソノミー(Taxonomy)やオントロジー(Ontology)があります。カテゴリ構造の構築の目標は、Kids and Teensのユーザーが情報を簡単に見つけられるようにすることです。

サブカテゴリの作成

一般論として、 サブカテゴリは掲載リンク数が20を超えたときに役立ちますが、 場合によってはリンク数が20未満でもサブカテゴリを作るといいことがあります。こどもにとってナビゲーションが簡単になるのであれば、サブカテゴリを作ってかまいません。

重複および関連するカテゴリ

有能なエディタは、Kids and Teens ODP内の担当階層の内外で検索やブラウズを行って、カテゴリの重複の可能性がないかどうかを調べるでしょう。その際には、以下のような問いかけが役立つことがわかっています: 私のサブカテゴリは分野をまたぐものだろうか? もしそうなら、私のサブカテゴリに属する資料は、他のどの階層に置かれている可能性があるだろうか? 私のサブカテゴリに似たサブカテゴリが、ディレクトリの他の場所に存在している場合には、関連リンクを置くべきか? それとも@リンクを作成するべきか?

@リンクも参照。

サブカテゴリ名の選び方

現在のところ、Kids and Teens ODPには、サブカテゴリ名に関する所定の類義語辞典(シソーラス)はありません。しかし、以下のガイドラインに従って名前の割り当てを行うことで、Kids and Teens ODP内での一貫性を保ち、カテゴリの重複を防ぐことができるでしょう。

良いサブカテゴリ名が従うべきガイドラインを以下に示します:

  1. 可能かつ適切である限り、英語の言葉、または外国の言葉に対応する英語の言葉を使用して、サブカテゴリの主題を表現している。一部のカテゴリでは英語以外の言葉を使ってかまわないことがあります。たとえば、科学的な内容を扱うサイトで、その主題が一般にラテン語で表現される場合です (訳注: 日本語階層では「英語」が「日本語」に置き換えられます) 。
  2. そのトピックを記述する言葉は、その主題に関する専門辞書や広く使われているシソーラスに含まれている、またはその主題分野を扱うニュースとメディアで一般に使われている。 名前には、そのトピックを表現する、18歳以下の人に最もよく知られている言葉を使用するべきです。
  3. 18歳以下の人に一般に理解されるものでない限り、頭字語や略語を使用しない。
  4. 親カテゴリの名前を繰り返していない。
    「ゲーム」の下にビデオ・ゲームのサイトを収容するサブカテゴリを作る場合
    不適: ビデオゲーム
    適: ビデオ
  5. 「総合」、「その他」、「他のトピック」など、全般的なリンクや互いに関連性のないリンクの集まりであることを示唆する言葉ではない。このような総合的な、または雑多な内容を収容するカテゴリに入れられるようなサイトは、最も適切な話題別カテゴリの直下に置くか、適切な話題別サブカテゴリに移動するべきです
  6. 略語や記号(&,+,`nや etc.など)を単語の代わりとして使用しない。

    不適: 定期刊行物や雑誌など
    適: 雑誌

    不適: Resources `n Directories
    適: Directories
    (訳注: 日本語階層には適用されず)

    不適: ドローイング & カラーリング
    適: ドローイングとカラーリング

  7. そのカテゴリが違法なコンテンツ(違法コピーや海賊版など)へのリンクを含んでいると誤って受け取られかねない言葉をサブカテゴリ名に使用していない。