In Partnership with AOL Search

DMOZ: Open Directory Project

Robozillaって誰?カテゴリに何をするの?

Robozillaはオープンディレクトリプロジェクトに登録されている全てのサイトに定期的に訪れるプログラムです。ページが移動したか見つからない場合、Robozillaはこのことを教えてくれます。ページが見つからないのには様々な理由があり、その理由によって次にすることが変わってきます。

Robozillaエラーにはどう対処すべきか

まず、シャーロックホームズになって、なぜURLが反応しないのか探し出してください。 こちらが「問題と対策」です。

問題 対処法
URLのスペルミス エディッタが間違えたURLを入力したのでしょう。URLを直してください。また、よくあるファイル名を追加もしくは削除してみてると直ることがあります。
(例)default.html、default.htm、default.asp、index.html、index.htm、index.cgi、index.mv、index.asp、main.html、main.htmなど。
アクセスしてみたらつながった Robozillaがアクセスしたときにたまたまサーバーがダウンしていたのかもしれません。「このURLを見てみたら問題ありません。エラーを解除。」ボタンをクリックしてください。
サイトが消えている そのページはどこかに移動したのかもしれませんので探し出してください。Googleのキャッシュファイルを見てみると新しい場所が書いてあるかもしれません。また、GoogleもしくはGooでそのサイトのタイトルかサイト特有のキーワードを使って新しいURLが登録されていないか確認してください。
サイトが消えていて、探したけれどどこにあるか突き止められなかった カテゴリの未審査項目に移動し、一週間たっても復活しないか確認してください。もし復活せず、そのカテゴリのほかのサイトに比べ、特別な情報を含んでいない場合は削除してしまってかまいません。もし消すのが惜しいような情報を含んでいる場合、Test/World/Japanese/Robozilla/の未審査に送っていただければエラー発見特別チームが新しい場所を探し出します。

エラーコードの意味

オープンディレクトリには大きく分けて2種類のエラーコードがあります。コードが正(プラス)100以上のエラーはHTTPプロトコルのエラーです。この場合、Robozilla はサーバーと通信をしましたが、何らかの理由により指定のファイルを開けませんでした。

負(0未満)のエラーコードはサーバーの接続に失敗したエラーです。URLのスペルが間違っていたのかもしれませんし、ネットワークの接続がうまくいかなかった、もしくはサーバーが一時的にダウンしていたということが考えられます。

こちらはよくあるRobozillaのエラーのリストです。 もしこちらに該当のエラーがない場合は全エラーコードリスト(英語)を参照してください。

コード 意味
500 サーバーエラー サーバーの設定ミス、CGIスクリプトのバグなどで時々発生します。普通これらは一時的なものですぐ直りますが、ディレクトリに戻す前に一応確認してください。
410 消去済み アカウントがプロバイダ解約などのために存在しません。
404 見つかりません ファイルがサーバーに存在しません。削除されたのでしょう。
403 禁制領域 サーバーの過剰な負荷などの理由で設定が変更され、このディレクトリは見られないようになっています。
401 要認証 このディレクトリにあるファイルは見ることができません。接続にパスワードが必要になったか、もしくはページが移動したのでしょう。
400 不正なリクエスト 一般的にURLにスペースやそのほかの使えない記号を使っている場合に起こります。スペースを%20に変更してみて、エラーが無くなるか見てみてください。
302 恒久的転送設定 このページは新しいURLに移動しました。ODPの登録を新しいURLに更新してください。
301 暫定的転送設定 このページは暫定的に新しいURLに移動しました(決まりとしては暫定的なときのみに使われるようになっていますが、実際には302エラーと同じように使われています)。ODPの登録を新しいURLに更新してください。
0 不明なエラー DNS(ネームサーバー)のエラーの可能性があります。
-1 ホスト名が見つかりません ホスト名にタイプミスがあるか、所有者がドメイン登録料を払っていないためだと思われます。
-4 接続できません HTTPサーバーに接続できませんでした。サーバー自体は存在するのですが、Robozillaの使用するポートを使っての通信を拒否されました。
-5 時間切れRobozillaはサーバーに接続でき、リクエストまでは送ったのですが、ページを受信するまでに時間切れとなりました。これは重いサーバーで時々発生することです。
-6 不正なURLURLの形式が正しくありません。もしかしたらhttp://が入力されていないのかもしれません。
【注意】 http://のないURLで「編集」ボタンを押すと編集画面が表示され、dmozのプログラムが自動的にhttp://を追加するためにきちんとURLにはつながりますが、「更新」ボタン(「このURLを見てみたら問題ありません。エラーを解除。」ボタンではありません)をクリックしないと実際にはエラーは訂正されません。
-7 サーバーエラーサーバーが不明なエラーコードを返してきました。おそらくページは正常に表示されるでしょうが、念のために確認してください。

リンクチェックに関して質問、コメント、フィールドバックなどがありましたらrobozillaに連絡してください。ただ、Robozillaは英語しか使えませんので日本語でのお問い合わせはフォーラムへどうぞ。