ギラン・バレー症候群(Guillain-Barre Syndrome)とは、免疫の異常で自分の運動神経を攻撃する抗体ができる自己免疫反応によって運動神経が侵され、手足をはじめ体の麻痺が起こる病気です。症状の重さは千差万別で、呼吸麻痺、嚥下障害、顔面神経や眼球運動の麻痺を伴うこともあります。 ギラン・バレー症候群は、髄液蛋白の増加を伴う多発神経根炎として、1916年に Guillainと Barreらによって初めて発表されました。 急性炎症性脱髄性多発性根神経 炎(Acute Inframmatory Demyelinating Polyradiculoneuropathy: AIDP)とも呼ばれ、末梢神経に炎症性の脱髄性病変を作るこ とが特徴です。 上気道感染(風邪)や感染性の下痢に引き続いて発症することが多いので、ウイルスや細菌感染との関連が考えら れています。この場合、感染したウイルスや細菌の表面構造が末梢神経組織の表面構 造とたまたま似ていると、ウイルスや細菌に対して体の中で作られた抗体が、末梢神 経組織を攻撃してしまい、脱髄性の末梢神経障害を起こしてしまうのではないかと推 測されます。
LARGO
発症から現在までの体験記。ウェブページ用素材集。
もう一度青い空が好きになりたい
闘病記。バリアフリーキッチンなど生活の工夫を紹介。
ギランバレーを超えて
入院、治療の記録。文字盤についての考察や、着衣の工夫、書籍紹介。
ギラン・バレー症候群になって
GBSの情報交換掲示板とチャット。自身の症状とGBS情報邦訳小冊子の紹介。
ギラン・バレー症候群のひろば
闘病事例、体験記、疾患情報を掲載。患者と家族のための交流の場。
ギラン・バレー症候群を患って
発病・入院・リハビリなどの闘病記と趣味の俳句や折り紙作品の紹介。

ほかの言語でのこのカテゴリ 2

[Medical Mozilla]
更新日:
2016年 5月 3日 03:49:48 UTC
健康
家庭
ニュース
レクリエーション
各種資料
地域
科学
オンラインショップ
社会
スポーツ
All Languages
アート
ビジネス
コンピュータ
ゲーム