神経線維腫症(Neurofibromatosis)は、皮膚、神経を中心に人体の多くの器官に神経線維腫をはじめ様々な異常を生じる遺伝性の病気です。 19世紀にこの疾患の神経症状について報告したドイツの学者名に由来し、レックリングハウゼン病とも呼ばれます。 神経線維腫症には大きく1と2の二つのタイプがあります。 神経線維腫症1は神経線維腫と呼ばれる腫瘍や色素斑など皮膚症状が強く、 神経線維腫症2は両側の聴神経の腫瘍を主体に皮膚病変の少ないタイプです。 単に神経線維腫症と言う時はたいてい神経線維腫症1を指します。

こちらもご参照ください: 2

miniature garden
レックリングハウゼン病に罹患、入院・手術について掲載。関連図書の紹介。
たま
側湾症とレックリングハウゼン病で治療中の子供について、家族の手記。発症、入院、手術の事。
ガネーシャ
疾患の解説。障害や出生前診断、遺伝等についてのコメントとリンク集。NF2患者の交流掲示板。
大根のレックリングハウゼン氏病ディレクトリ
病気の経過や手術、周囲について綴る。NF1に関する掲示板、FAQ。

ほかの言語でのこのカテゴリ 4

[Medical Mozilla]
更新日:
2007年 1月 2日 19:06:35 UTC
健康
家庭
ニュース
レクリエーション
各種資料
地域
科学
オンラインショップ
社会
スポーツ
All Languages
アート
ビジネス
コンピュータ
ゲーム