慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)とは、「慢性疲労」とは異なります。疫学的な意味での慢性疲労とは、「半年以上の期間続く自覚的な疲労感全てを意味する用語」と定義されています。 それに対して慢性疲労症候群の疲労感は、ある一定以上の程度である必要があります。 病名変更も検討されています。「慢性神経内分泌免疫障害症候群( Chronic Neuroendocrineimmune Dysfunction Syndrome:CNDS)」が候補です。

こちらもご参照ください: 1

慢性疲労症候群(CFS)の治療法と疲労回復への道
病気を治すための情報収集が目的のブログ。
疲労克服研究教育拠点の形成
大阪市立大学21世紀COEプログラム。研究内容・スタッフ紹介、クリニカルセンターの案内。
見えてきた疲労のメカニズム
文部科学省科学技術振興調整費生活者ニーズ対応研究の報告。体制と年次計画。体験記、公開講座案内。

ほかの言語でのこのカテゴリ 5

[Medical Mozilla]
更新日:
2015年 3月 15日 06:24:04 UTC
健康
家庭
ニュース
レクリエーション
各種資料
地域
科学
オンラインショップ
社会
スポーツ
All Languages
アート
ビジネス
コンピュータ
ゲーム