慢性リンパ球性白血病(CLL)は、成熟リンパ球が癌化して、徐々にリンパ節の正常な細胞に取って代わる病気です。 患者の4分の3以上が60歳を超えており、小児にはみられません。また、男性では女性の2~3倍多く発症します。北米とヨーロッパでは最も多いタイプの白血病ですが、日本と東南アジアではまれなことから、発症には遺伝が関係していると考えられています。
まんちゃんの夢館
日本人には希なCLLを発症した作者の闘病・検査記録。
ヘアリーセル白血病って何?
稀なタイプの疾患に罹った作者の闘病記・疾患の解説。

ほかの言語でのこのカテゴリ 1

[Sunflower Mozilla]
更新日:
2009年 7月 11日 21:35:40 UTC
健康
家庭
ニュース
レクリエーション
各種資料
地域
科学
オンラインショップ
社会
スポーツ
All Languages
アート
ビジネス
コンピュータ
ゲーム