あべ・こうぼう。1924年3月7日 - 1993年1月22日。東京生まれ。
小説家、SF作家、劇作家、演出家。
『終わりし道の標べに』で作家活動を始める。
1951年、『壁 - S・カルマ氏の犯罪』で芥川賞を受賞。
1958年、戯曲『幽霊はここにいる』で岸田演劇賞受賞。
その他、『砂の女』(読売文学賞・フランス最優秀外国文学賞)、戯曲『友達』(谷崎潤一郎賞)、戯曲『緑色のストッキング』(読売文学賞)などがある。

こちらもご参照ください: 2

安部公房千眼力の冒険者
作家との個人的な関わりの記録、作品紹介、エッセイ、掲示板。
安部公房解読工房
作品紹介と感想、世界観の多角的な分析。

ほかの言語でのこのカテゴリ 1

[Book Mozilla]
更新日:
2007年 5月 6日 23:40:49 UTC
アート
ビジネス
コンピュータ
ゲーム
健康
家庭
ニュース
レクリエーション
各種資料
地域
科学
オンラインショップ
社会
スポーツ
All Languages